繊維入りにんじんジュース

H-AAキャンペーン

Amazonペイメント

Amazonペイメント

にんじん Q&A

Amazonペイメント











お客様センター


【電話番号】
0120-09-1831
【メール】
info@pika831.com


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休日
定休日:土・日・祝
営業時間:9:30〜13:00
14:00〜18:00


 
酵素とは何か?


酵素という言葉は知っているが、具体的にどんな役割を果たしているのか知る人は少ないと思います。酵素は主に、「消化」と「代謝」に係る物質です。消化は、なんとなく理解できると思いますが、代謝といっても、あまりピンと来ないかも知れません。

代謝とは、生命活動の全てです。例えば、新陳代謝は、体の組織自体を一定期間をかけて、再生します。目を閉じるのも、息を吸うのも、排泄するのも・・全て、代謝酵素が働いて、初めて行なわれるものなのです。


酵素の役割を、住宅の建設現場の例えてみます。
建物を立てるには、建材・ボード・シートなどの材料が必要です。
そして、その材料を、使って大工さんや職人さんが、作業を行なって建物を建てます。これを、人間の体に当てまめると・・たんぱく質・炭水化物・脂質という材料が体にはいります。酵素という大工さんが、この材料を使って、人間の体を作っていくのです。



「大工さん」がいなければ、「建材」があっても、建物は立ちません。同じように、「栄養素」があっても、「酵素」がなければ、体は動かないのです。このように、酵素は、非常に重要な役割なものなのです。

「老化によって酵素が激減する。」
唾液の中に「アミラーゼ」という澱粉の分解酵素があるのは、「ご存知」だと思います。
シカゴにあるマイケル・リーズ病院の実験では、「唾液中のアミラーゼ」の量を調査しました。その結果、若いグループの唾液中のアミラーゼの量は、69歳以上のアミラーゼの量の「30倍」でした。


加齢とともに、酵素が弱くなっているのです。潜在酵素の量は、加齢とともに、どんどん減っていくのです。潜在酵素の弱まると、色々な代謝機能も低下していきます。



人間の体は「だいたい7年位で、全部新しく入れ替わるといいますが、これは、「新陳代謝」といわれています。「この新陳代謝も」年齢とともに弱まるのです。よく、中年太りの原因に「基礎代謝」が下がるからだといいますが、皆さん「代謝が」下がることを、よく認識しているのです。しかし、ここで問題になるのが、代謝が下がることが、老化の原因になったり、ガン・心臓病などの病気になりやすくなるのだと、結びつかないとこです。


「消化酵素が優先されるということが、大変なことなのです。」

原始時代人間は、現代のように飽食だったとは思えません。飢えている時間も相当あったのだと思います。いつも、お腹がすいていた人間の先祖は、食べたら→まっ先に消化する必要性があったのだと思います。その進化の結果、酵素利用の優先順位は、消化酵素が先に、代謝酵素はその後になってしまったのです。その優先順位は、消化酵素が不足した場合に大きな問題になるのです。例えば、消化が悪いものを沢山食べてしまった場合、消化酵素が不足します。すると体のあちらこちらから、代謝に使うはずの、潜在酵素を集めて、消化酵素につくり変えてしまいます。



消化が優先された結果、代謝にまわる酵素が少なくなり、排泄などがうまくいかない「代謝不良」に陥ってしまうのです。消化酵素が不足すれば、膵臓が代謝用の酵素を集めて、消化酵素にしてしまいます。毎日消化に悪い食べ物を大量に食べていると、代謝に使うための潜在酵素を、ドンドン消化酵素に作りかえられてしまい、代謝不良となり、老化や病気を進行させてしまうのです。

でも実際に、そんなに消化に酵素やエネルギーを使っているのでしょうか?

食べ物の消化に使っているエネルギー消費量は、1600kcalもあるのです。1600kcalといっても、「えっ  そんなに〜〜〜〜〜」というリアクションの方は、少なかったと思います。「なんのことだか、よくわからない」というのが正直なところです。

1600kcalは、42kmのフルマラソンの消費エネルギーよりも大きいのです。
消化するエネルギーだけで、フルマラソン以上です。
消化にこれだけのエネルギーと使ってしまうと、代謝につかうエネルギーが不足してしまうのです。

そして・・排泄不良の結果、肥満になっていくのです。だんだんたまっていく仕事の山、みたいな物ですね。

身体に、たまった毒素が限界に達すると、人間は水分を蓄積しはじめます。これが俗に言う「水ぶとり」です。だから・・解毒をしてあげれば水分を蓄積する必要がなくなり→結果ダイエットになるのです。


ダイエットは結果としての数値なのです。本来の目的は「解毒」なのです。
私たちの身体は、元々、健康を維持する方向に代謝を続けています。抜け毛・性的な不能・白髪なども、大幅に遅らせることができるのです。


前述のように酵素は、加齢と共に、減少するのです。そして、「酵素が減る→代謝が減る」ことを老化といいます。そして、対策は極めて明解です。・・潜在酵素の無駄遣いをやめるのです。





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』









核酸塩基代謝に関与する
プリンヌクレオシドフォスフォリラーゼの構造(リボン図)


酵素(こうそ)とは、生体でおこる化学反応を触媒する分子である。

酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。このため、酵素は生化学研究における一大分野であり、早い段階から研究対象になっている。


多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質をもとにして構成されている。そのため、生体内での生成や分布の特性、あるいは熱やpHにより変性し活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。


生体を機関に例えるならば、核酸塩基配列が表すゲノムが設計図に相当するのに対して、生体内における酵素は組み立て工具に相当する。



酵素の特徴である作用する物質(基質)をえり好みする性質(基質特異性)と目的の反応だけを進行させる性質(反応選択性)などによって、生命維持に必要なさまざまな化学変化を起こさせるのである。



また、人類は古来より発酵という形で酵素を利用してきた。そして今日では、酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や日用品の機能向上など広い分野に応用されている。医療においても、酵素量を検査して診断したり、酵素作用を調節する治療薬を用いるなど、酵素が深く関っている。


ページトップへ



支払い方法